Foodie

November 09, 2007

インド人に生魚〜ミッション in Melbourne〜

nobu1

皆様、Happy Diwali!
ということで、今日はやっぱりインドがらみネタでいきたいと思いますよ。

アデレードを発ち、向かった先はメルボルン。この街での目的は2つ。シドニー時代からの友人で、出身地が近いだけでなく誕生日が一緒という、なんだか他人とは思えないRちゃんに会うこと、そしてもう一つは、メルボルン在住のインド出身の友人Hに日本食を味わってもらうこと。

日本食に興味はあるのだけど、ガイドなしで試してみる勇気はないというH。前回、よく行くショッピングセンターに寿司屋があるから食べてみようと連れて行かれるも、チャイニーズ系の回転寿司だったので即却下。ということで、今回は私が店を選ばせていただきました。

アデレードで知りあったインド出身の友人達は、ホスピタリティ専攻の子も多かったせいか、各国の料理に興味がある上に、ほぼ全員寿司と刺身が大好き!だし、お箸もちゃんと使えるので、最初インドのことをよく知らなかった私は、それが平均的なインド人だと勘違いしていた時期もあった。ヒンドゥー教徒なのに平気で牛肉を食べる子までいたし。

一方、食べ物に関しては保守的(でも好奇心はあり)であるHにとって、冷たい食べ物自体が不思議な存在。お蕎麦の話をした時には、冷たいヌードル?と驚かれた。お寿司も刺身もまぎれもなく冷たい食べ物なので、実際に食べてみてアウトということも十分あり得る。純粋な日本料理屋さんだと彼は楽しめないかもしれない。悩んだ末、頭に浮かんだのが「NOBU MELBOURNE」。世界にその名を知られる日本人シェフ、ノブこと松久信幸氏のレストラン。日本では虎ノ門にあるようだけど、オーストラリア初進出となるそのノブがメルボルンにオープンしたのは今年8月。サイトをのぞいてみると、日本料理だけでなく、ペルー料理などもメニューにある。ってことは、寿司がダメならそこに逃げられるなと、予約の状況を確認するために電話してみる。と、その時点(2週間前)で既に1テーブルしか残ってないと言われ、思いきって予約してしまった。

予算内に収まるよう自前にメニューまで決めて臨んだ「ノブ・メルボルン」。が、なんと到着した時には「テーブルがありません」と言われて大あせり。

続きを読む

tiaradrop at 03:03|PermalinkTrackBack(0)clip!

October 17, 2007

秘密にしたい極上のハイティー@Adelaide

hightea

小さい頃からお茶が大好き。苦いお煎茶やお抹茶で機嫌がなおる変な子供だったらしい。大人になってからは、お茶を目的に旅にでることもしばしば。どんなに忙しくても、お茶をゆっくり飲みながら過ごすひとときは大切にしたいなーと思う。

そういうわけで、お茶だけでなく、そこにちょっとしたお菓子やフィンガーフードが加わるアフタヌーンティーやハイティー(あとお茶会もね)という響きにはどうも弱く、噂を聞けばつい足が向いてしまう。優雅な雰囲気&ゆったり流れる時間はまさに非日常。でも、残念なことに、2年前にまいきちゃんチラ嬢と味わったシドニー、某高級ホテルのアフタヌーンティーは今ひとつだったし、去年、メルボルンでクラスメイトのキャンディと試したアフタヌーンもどきも、うーん...といった感じだった。

あまり期待せずに出向いた3度目の「優雅なお茶時間」。場所はHindely St.のThe Apothecary 1878。ワインバー&レストランとして有名な場所なので、ハイティーをやってるなんて全く知らなかった。普段は週に一度、土曜日(from 4pm)だけの限定だけど、今月はTasting Australiaという2年に一度の食の大イベントが開催中なので、13日から20日までの8日間は毎日開催。ということで、ゆっくりできそうな平日に予約をいれて行ってみた。

最強の食いしん坊仲間、キャンディは既に香港へ帰国。普通の食事にならともかく、ハイティーに、それも平日につきあってくれる物好きな友人はいないので、実は今回1人でトライ。1人でもハイティーしてしまう私はやっぱり少々変人かもしれない。でも、1人なのでアンティークのソファーのある窓際の小さなテーブル席を用意してもらえて、ラッキーだった。

待っている間にまずはスパークリングワインを勧められた(別料金)。先述のようにここは有名なワインバー。それもオーストラリアのトップソムリエの一人、ニック・ストックが手がけた店なので、やはりここは試してみるしかないなと注文。きれいに立ち上る泡にしばし見とれる(写真はやっぱり難しい)。そこに登場したのが、鶏レバーのパテ。窓際から入ってくる光のおかげで優しい感じの写真が撮れて満足。パテにはやっぱりお茶よりワイン、頼んで大正解。

頃合いを見計らって運ばれてきたのが、1人用の小さなスタンド。上段はビスケット3種、中はマジパンにフルーツタルト、下段はサンドイッチ2種(卵とサーモン)がおままごとのようにちょこんと置かれている。紅茶はシルバーのアンティークポットで。そしてスコーンは、なんと添えられたデボンシャークリーム&ジャムの容器より小さいお上品さ(笑)

食べきれないくらいの量と驚きの大きさで勝負しがちのオーストラリア(言い過ぎか?)では珍しい、この慎ましいサイズは新鮮だった。この店は、料理もタパスが売りなので、フィンガーフードとはどうあるべきかをよく知っているのだろう。それに、素朴で懐かしい温かさの中に、きちんとした伝統を感じさせる味わいとアレンジは、アンティークなお店の雰囲気にもぴったり合っていて、空間とお茶とフードをトータルで楽しむことができる。それに、「もうちょっと食べたい」というくらいの量が、結局一番いい気分で時間を楽しめるのではないかと思った。

お店自体が、どことなく"秘密な"空気を漂わせているので、普通にお茶しているのに、なんだか魔法の薬草酒でも飲んでいるような気分になれるのも面白い。店内のいたるところにアンティークがあふれているのだけど、中でも薬の瓶が多いので、薬局のようだなと思っていたら、店名である「Apothecary」は昔の薬種商を指す言葉らしい。アデレードのアンティークショップで見つけたという125年前のイギリス製の薬局用キャビネットが店名の由来だとか(店内に置いてある)。そうと知ってたら、室内の写真もいっぱい撮ったのになー。

というわけで、オーストラリア生活最後に出会ったこのハイティー、とても満足できるものでした。もっと早く知っていれば、お茶&アンティーク好きのキャンディと楽しめたのに、ちょっと残念。

刻一刻と近づいている帰国の日。でも、まだ自分がこの国を離れるという実感はないかな。ただ、悔いがないように、しっかり食べたいと思っています(笑)

hightea2
The Apothecary 1878
118 Hindley Street
Adelaide
Tel: +61 8 8212 9099
http://www.theapothecary1878.com.au/ハイティーは毎週土曜日の午後4時〜のみ。料金は1人28ドル。予約制。

tiaradrop at 22:04|PermalinkTrackBack(0)clip!

December 05, 2006

(今のところ)今年のベストディナー、発表!

インド行きを発表したものの、ビザの取得に手間どり、出発予定日に間に合わないことが判明。で、ご存知の通り、今月は帰省ラッシュで予定日以外のフライトは全て満席状態。ということで、年明けの出発に決まりました。あー、インドで年越しする予定だったのに!

先週は、ずっとビザ関連のやりとりに明け暮れ、挙げ句の果てに間に合わないなんて、苦労もすべて水の泡。どうしてアデレードにだけインド領事館がないんだろう。こんなにインド人がいっぱいなのに。さらに、他にも不運なことが重なり、それはまあ、私には直接関係ないことなんだけど、でも間接的にはかなり大きな影響があり、気分はかなりブルーに。と、本当に最後の最後までインド人とインドに振り回される2006年のシメに入りました。

まいき先生にちょっと話してみたところ、「インドのことしか頭にない針の穴みたいな視野をどうにかすべき」とのこと(ちょっと言い回し、違ったかも)。なるほどなーと思い、とりあえずやってみたのが、これまで一度としてまともに見たことがなかった昼間のソーピー(ソープオペラ。いわゆる昼ドラ)本気鑑賞。それは実にナンセンスで趣味の悪いイギリス物だったんだけど、なぜかそれがツボにはまって新たな自分を発見(ただし、タイトルも既に忘れたけれど)。さらに、普段ならインド料理レストランに行くところを飲茶にしてみたり(ただし、連れはインド人)。いや、まいき先生が言いたかったのは、こんなことじゃないはず。

ということで、インド行きが決まる2日前、意外なところで今年最高のディナーを食べたのを思い出したので(って決めるのはまだ早すぎ?)、それをご紹介しましょう。なんと、今まで全くノーマークだったアメリカ料理ですよ!それも私はインドでなくアメリカと深ーい縁があると、とあるところで言われた翌日のこと。これこそ、運命ってやつでしょうか。続きを読む

tiaradrop at 16:53|PermalinkComments(8)TrackBack(1)clip!

September 26, 2006

月餅、その愛らしい姿に潜むもの

上海月餅

現実逃避の勢いでの更新です。いや、ちょっと興奮気味かもしれません。
※マレーシアの月餅サイトの紹介、追記しました。

昨日、思わず月餅散財してしまいました。普通、月餅って平たい形なのに、まんまるで飾り気のないものを発見。クッキーシューにも似たこの月餅は上海スタイル。なんと2個で23ドル。バラで売ってもらえないかと聞くと、入荷数自体が少ないから箱売りのみだと店のおじさん。月餅への情熱を見せていたら、返品なしという条件で1ドルひいてくれました(笑)

買った後、よく見てみると、マレーシア製、それもこの前と同じメーカー。4つに切って、温めて食べるという指示に従い、朝から食べました。昨日撮影しようと思ったんだけど、暗かったので太陽待ち。でも、今ひとつかわいく上がらず、不満です。ちなみに端っこに写っているのは、この前買ったポーセリンボール。どう使うべきものなのかよくわからないんだけれど、まあるい物って好きだな。

ちなみに、月餅の味はごく普通な感じでした。そろそろ食べ過ぎかもしれません。

ところで、キャンディが手紙入り月餅について調べていると先日書きました。私も気になって調べてみると、月餅にはいつの時代も、その愛らしい姿とは裏腹な「改革」と「闘争」のメッセージだというのです。続きを読む

tiaradrop at 11:49|PermalinkTrackBack(0)clip!

September 24, 2006

ユダヤのお正月、Rosh Hashanahは甘ーい食卓

roshhashanah

余力が残っている時に更新です。これから1週間はfinal essayと闘う予定。インド色を排除して、頭の中はヨーロピアンに(でも食卓にはインド料理)。その中間ともいえるかもしれない(こじつけですが)、ユダヤ系料理をご紹介。写真がうまく撮れなかったのは、残念なんだけど。

先週金曜日からユダヤのニューイヤー、Rosh Hashanahはスタート。ルナ・カレンダーに基づいているんだそう。クラスメイトのジェス(from US)はユダヤ系。故郷から遠く離れたオーストラリアで初めて迎えるお正月。いつもは家族と祝うけれど、今年はクラスメイト全員を招待してくれました。この前、帰ってしまったモーもエジプト系だったり、やっぱりアメリカはオーストラリアと同じく人種のるつぼだなーと実感。それにしても、コーシャーミールをいただくのは初めてなので、その日は朝からワクワク! (昔、ニューヨークのデリカテッセンの本を買って、中にいくつかレシピがあったので、挑戦してみたけれど、悲惨な出来だった暗い過去あり)

その日はクラスがあったにも関わらず、テーブルには山のようなごちそうが!ジェスはシェフのサム、ジェイソン、キリアンと一緒に住んでいるので、怖いものなし。全ての料理はとても撮りきれなかったんだけど、写真の他にも新年の食卓にはつきものの巨大な甘いパンが何種か、あと人参を甘く煮た伝統料理、そしてスライスしたリンゴと蜂蜜などなど盛りだくさん。正式には、ディナーの前に、甘い1年となるよう祈りをこめて、リンゴwith蜂蜜をいただくのだそう。写真上の螺旋もどきは、ビーフです。赤いのはビーツとタヒニ(ゴマペースト)の和え物。これは本当に和風なゴマ和えって感じでびっくり。ビーツとゴマってよく合うんだねー。

写真下はケーキ2種。大きなドライデーツ(ナツメヤシ)を持ったお皿も出てきました。左はkugelというエッグヌードル入りプリン。チーズケーキみたいな味わいで優しい甘さ。インドでもバミセリを使ったお菓子ってとろっとしてるし、ほのかなつながりを感じてますます興味深い。右は蜂蜜ケーキって言ってたと思う。

それにしても、やっぱり甘いってのは人類の母なのね、とここでも再確認。お土産にkugelをいただいて、大満足の夜でした。そして来週はチャイニーズの秋祭り!フローラ(from台湾)がムーンケーキを手作りしてくれるかもしれない!?これも今からものすごく楽しみです。

宗教って争いの元にもなるけれど、こうやって伝統を今に伝えるという点では非常に感慨深いなーと思う今日この頃です。

皆様の1年も蜂蜜のように甘いものになりますように。このところ毎年9月がひとつの区切りだったりするので、ユダヤ暦って今の私の気分にはぴったりかも。

tiaradrop at 18:12|PermalinkComments(3)TrackBack(0)clip!