Life

May 19, 2007

普通に美味しいって結構シアワセ

persimmon


このところ、逃げるに逃げられず、部屋にずっと籠っていました。論文の〆切りはだんだん迫ってくるし、仕事も一人孤独にパソコンと向き合うスタイル。と言っても仕事では一応チームを組んでいて、それもリーダーなるものをやってるのだけど(但しメンバーと実際に顔合わせたことはなし)、ここに来て思わぬ、いや前から危惧していた問題が明るみに。なんだかそれで必要以上に気力・体力を消耗してしまい、加えてプライベートで少々あったもんだから、スケジュールが狂いっぱなし。

ここはなるべくストレスの種になりそうなことを避けるのが賢明とようやく悟ったこの頃です。どうも自分から火の中に飛び込むクセがあるので(笑)

一段落した昨日、久しぶりにcityでディナー。場所はこれまでにも紹介したことのあるModern Japanse Kenji。半年ぶりかな。今回、1年前くらいに知り合いのバースデーパーティで出会った日本人のYちゃんを誘ってみました。アデレードには日本人の数が少なく、それもすぐに帰っちゃったり、移動しちゃう人ばかりで、生(?)で喋る日本語にはかなり飢えてます(笑)

Yちゃんは、この乾燥&紫外線大陸オーストラリアで雪のように白く美しい肌をキープしている素晴らしいお方。量り売り石けんのLushとDHCの化粧水がその秘訣だそう。Lush、残念なことにアデレードにはないんだよね。今、日本でお店が増えてんだってね。知らなかった。

ちなみに彼女はとんでもなく美人です。英語の発音も美しく、おまけに努力家。

話は尽きることなく、で、もちろん食べる方にも一生懸命。メインは和牛のステーキを注文したのだけど、ランプ肉なのにびっくりするほど柔らかで、とってもジュージーなのにびっくり。そしてKenjiといえば忘れちゃいけないのがデザート。あずき+抹茶アイスは定番なんだけど、今回は上に柿のコンポートが乗っかってました(あずきは下に隠れてます)。見た目&味ともに満足できるデザートはアデレードでは貴重。普通に美味しいってのはかなりシアワセなんですよ。今回、料理の写真は撮らないつもりでいたのだけど、我慢できずにパチリ。アイスがちょっと溶けちゃってるね....。

このところ、生活の中の一番の刺激は、論文のSupervisorとのやりとり。会うのは週一、それも30〜40分くらいだけど、彼女は言ってみれば、その気にさせるのがうまい、素晴らしい編集者。その直後はすごいやる気になるんだけどねぇ。

どこか不完全燃焼な日々。ストレスなのか、インドから帰ってきて環境の変化のせいなのか、めったに出ない肌のトラブルも。そろそろアデレードに飽きてきたのか!?といっても、まだほとんどどこも回ってなくて、シドニー時代から楽しみにしていたオーストラリア一美しいオイスターの産地Smoky Bayにも行ってないのに。

ああ、ちょっと生活に変化をつけないと。昨日のようなひとときも、たまには必要。
実は最近、外食すると胸焼けみたいに後味悪い感じが続いてたんだけど、昨日は久しぶりに爽やかでハッピーな気分を保てました。どうもこの頃、外食のインド料理が苦手です(笑)

tiaradrop at 18:56|PermalinkComments(4)TrackBack(0)clip!

June 27, 2006

祝★インターネット戦争終結

adsl

振り返れば長い長い闘いでした。

シェア生活で一番困っていたのは
シドニーでもアデレードでもインターネットのこと。

シドニーではそれが原因で家を出る事にまでなり、
アデレードでは月に200ドル近くもインターネット代がかかってびっくり。
それも大して使っているわけでもないし、また質的にも最悪で救いようがない感じ。
こうなったら部屋に電話をひいて、個人でADSLを契約するしかないと決心したのは2週間前。

そっからがまた長かった。
まず、テレストラから最初に請求されたコネクション代が300ドル近く。
この寮には全部屋にアクティブのラインがあるはずだし、
技術者の人に自前に2回も確認して、
ラインを新しく作る必要はないと言われていたのに。
それに、他の部屋の子達はそんなにかかってないのに、どうして私の部屋だけ?
だいたいこの部屋は私が決めたわけじゃない。
どう考えても納得がいかず、
寮のマネージャーに相談したり、テレストラにも何度も電話して交渉したり、
そうこうしてるうちに、結局59ドルにおさまって逆にびっくり。
最初の値段は何だったの!?

で、次の問題が電話。
台湾の子と電話とインターネットをシェアすることになっていて、
彼女のお父様が台湾から送ってきた電話を使おうということになったのだけど、
電圧の関係でオーストラリアではうまく作動せず。
仕方なく、子機が2台もついてる200ドル近い新品を購入。

で、さらには先週水曜日にシドニーから送り出したはずのモデムが
何日経っても届かない。
結局手元に届いたのは6日目の今日。
同じ国内で約1週間。国際郵便並みな国内郵便事情に改めてびっくり。

そんなこんなで本当に長かったADSL開通までの日々。
モデムのセッティングはあっけないほど簡単で、
一瞬にしてつながってしまった。

それにしても快適。サクサクと速いし、切れたりもなし、ダウンロードの制限を気にする必要もない。
日本では普通のことだけど、こっちでは本当にありがたーいことなのです。

ということで、写真にとるほどのものでもないけれど、一応モデムと電話を記念撮影。
後ろに写ってるのは庭に落ちていた巨大松ぼっくり(だと思う)です。

とにかく、これからは心置きなくインターネットできると思うと、
ほんとに感無量って感じ!?(大げさ)
いろいろ便宜をはかってくれたSさんには深く感謝してます!

セッティングが終わって一息ついたところに、夕食のお誘いがきました。
今日のメニューは続きを読む

tiaradrop at 23:31|PermalinkTrackBack(0)clip!

May 31, 2006

こわくない!?オーストラリアで歯の治療

今日は久しぶりにオーストラリアネタです。
それも速報(笑)だから写真はないですよー。

のんきにマキモノ対決の話なんて書いていましたが、
実はその日の朝、バゲットを食べている時、
奥歯のクラウンが突然はずれたのです。

実は1年か2年前(はっきり覚えていない)にも一度とれていて、
日本に帰った時に歯医者に行ったら、
「またくっつけときますね」とそれはそれは簡単に済ませられた。
その時はただ、歯冠がはずれただけだったんだけど、
今回は白い破片みたいなものが一緒にボロボロっととれた。
で、鏡を覗き込んでみると、どうもその破片は歯みたいな気がする。

もうとっくに神経は抜いているので、痛くないけれど、
歯が簡単に壊れていいもんだろうかと不安になった。
もしかして、この歯、抜かなきゃいけない?と恐ろしい想像も。

オーストラリアでは歯の治療はとんでもなく高い!というイメージがあるし、
OSH(留学生用健康保険のようなもの)は歯科治療をカバーしていない。

でも、このまま放っておくのもこわいので、
寮の管理人に相談してみると、近所で評判のいい歯医者を教えてくれた。
しかし、評判なだけに今週は予約でいっぱい。
仕方がないので、イエローページを片手に何軒かcityの歯科医院に電話し、
ようやく水曜日に診てくれるところを見つけた。

おそるおそる「新しいクラウンを作る場合、いくらくらいしますか?」と聞くと、
「イレブン・ハンドレッド」と即答された。
あまりのことに一瞬、頭が真っ白に。
せっ、千百ドル(9万5千円くらい)ですかー!?
でも、診てもらわないと困るし、古いクラウンが使えれば安くて済むと言われ、
とりあえず予約をいれた。


続きを読む

tiaradrop at 16:47|PermalinkComments(6)TrackBack(0)clip!