December 05, 2006

(今のところ)今年のベストディナー、発表!

インド行きを発表したものの、ビザの取得に手間どり、出発予定日に間に合わないことが判明。で、ご存知の通り、今月は帰省ラッシュで予定日以外のフライトは全て満席状態。ということで、年明けの出発に決まりました。あー、インドで年越しする予定だったのに!

先週は、ずっとビザ関連のやりとりに明け暮れ、挙げ句の果てに間に合わないなんて、苦労もすべて水の泡。どうしてアデレードにだけインド領事館がないんだろう。こんなにインド人がいっぱいなのに。さらに、他にも不運なことが重なり、それはまあ、私には直接関係ないことなんだけど、でも間接的にはかなり大きな影響があり、気分はかなりブルーに。と、本当に最後の最後までインド人とインドに振り回される2006年のシメに入りました。

まいき先生にちょっと話してみたところ、「インドのことしか頭にない針の穴みたいな視野をどうにかすべき」とのこと(ちょっと言い回し、違ったかも)。なるほどなーと思い、とりあえずやってみたのが、これまで一度としてまともに見たことがなかった昼間のソーピー(ソープオペラ。いわゆる昼ドラ)本気鑑賞。それは実にナンセンスで趣味の悪いイギリス物だったんだけど、なぜかそれがツボにはまって新たな自分を発見(ただし、タイトルも既に忘れたけれど)。さらに、普段ならインド料理レストランに行くところを飲茶にしてみたり(ただし、連れはインド人)。いや、まいき先生が言いたかったのは、こんなことじゃないはず。

ということで、インド行きが決まる2日前、意外なところで今年最高のディナーを食べたのを思い出したので(って決めるのはまだ早すぎ?)、それをご紹介しましょう。なんと、今まで全くノーマークだったアメリカ料理ですよ!それも私はインドでなくアメリカと深ーい縁があると、とあるところで言われた翌日のこと。これこそ、運命ってやつでしょうか。

thanksgiving

場所は、先輩ブレンダの豪邸。この日のシェフは、これまた先輩でハワイ出身日系2世のミシェル(写真上左)。で、内容はずばり、Thanksgiving(感謝祭)ディナー。

実は、全く期待していなかった私(ごめんなさい)。でも、ミシェルがフリーレンジのターキーや、パンプキンの缶詰(結局、アメリカから取り寄せたらしい)など材料探しに奔走しているという情報があちこちから入ってきて、かなり本気度の高いものかもと思いはじめてはいました。

早めに会場に到着した私。その日、ミシェルを手伝っていたキャンディに迎えられ、キッチンに入ってみたら....。そこは既に料理の山。キッチン自体の素晴らしさももちろん、ミシェルが真剣に格闘している姿を見てびっくり。

しばらくしてブレンダがパートナーと共に帰宅。シャンパンとクッキーで、料理の仕上げと、他の招待客を待つ事に。このさりげないクッキー(写真下左)。チーズ入りで全く甘くないんだけど、空気のように軽くって(サブレっぽい?)、しつこくなく、もう食べだしたら止まらない。ミシェルがいかに偉大なシェフかってことが一口でわかってしまった恐るべき一品。

40分くらいは待ったかな。みんなもようやく集まってディナーのはじまりはじまり。かなりヘビーな味わいの面々を覚悟していたのだけど、それが不思議なことに全く胃にもたれない、逆にとってもヘルシーな印象を持ったのはどういうこと?つけあわせのスイートポテトなんて、上にマシュマロを乗っけて焼いてあるのに(写真下中)。メインのターキーは、ただただパーフェクト。皮はカリッっと、お肉はジューシーで、びっくりしたのがその弾力。やっぱり元気一杯走り回る、フリーレンジならではってところでしょうか。

実はその日、インドの仕事のトライアルの真っ最中だった私。あんまり長居できなくて、デザートを大急ぎで食べることに。ピーカンパイ、カボチャのパイ、アップルパイの3種にクリームを添えたものが登場。ダイエット中なのでちょっと薄めに切ってもらいました。これがどれもこれも高レベルで(ってオーストラリアの甘すぎるだけのケーキと比べちゃダメ?)、ペロっと食べちゃいました。ちょっと焼きすぎたというピーカンパイが個人的には一番気に入ったかな。

食べ逃げするかのごとく、ブレンダ宅を後にした私。もうちょっとゆっくりしたかったなー。それにしても、食後の気分の爽やかなことといったら、まるでフレッシュな風のよう。材料選びから気を使い、作り方も伝統的なスタイルにこだわったミシェル。彼女の腕の素晴らしさもあるけれど、何より感じたのは、これは彼女の人柄そのものの料理だなと。いつも笑顔をたやさず元気いっぱい、あっけらかんとしていながらも、みんなを温かく包み込むその懐の大きさ。文章には絶対人柄が反映されると信じてきた私だけど、料理にも全く同じことが言えるんだなーと実感したひとときでした。

明日は私の壮行会を兼ねてキャンディがチャイニーズ・ディナーを開催予定。ミシェルはパイを持ってくるというから、それも楽しみ。私も早めに行ってお手伝いする予定。

ということで、目下視野の拡大を試みながら、おあずけ状態を楽しむ(?)日々です。早くインドに行かせて!

★ああ、早くこの風景に溶け込みたい!まいき先生にトラックバック!
http://blog.livedoor.jp/gogomaiky2/archives/50523530.html



tiaradrop at 16:53│Comments(8)TrackBack(1)clip!Foodie 

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. chiliちゃんのためのサービスカット?  [ go!go!☆blog ]   December 06, 2006 03:22
何を隠そう、わたくし、ブラット・ピットのファンですが、最近流れているソフトバンクモバイルのCM、 ついつい見ちゃうのよね〜 んでもって、ソフトバンク使っててよかった〜って、思ったりして(笑)。 って、これを貼り付けたのはそんな理由だけじゃなくて、ブラ....

この記事へのコメント

8. Posted by chili   December 10, 2006 21:54
★ナカシさん
本当においしかったんです。でも、これは愛情の差と言えるのかもしれません。
マシュマロ+スイートポテト、彼女のオリジナルというわけではなさそうですが、でも、確かに聞いた事がないし、今度会った時に聞いてみます。
チャイニーズディナーもたくさんの料理で、とても美味しかったのですが、肝心のカメラを忘れてしまって....。その日ミシェルはパイでなく、ココナッツパンナコッタを持って来たのですが、それもまた好きな味でした。
7. Posted by ナカシ   December 10, 2006 10:12
見事に期待を裏切られました〜。(笑)
絶対、インド料理がくると思ってたのにな。
アメリカ料理とは意外でした。
それにしても、なんて豪華!どれも美味しそう!!
あのこんがり焼き目がついたマシュマロの下にスイートポテトが隠れているとは。オリジナルなのかしら? 
チャイニーズ・ディナーのレポートも楽しみにしてますよ〜♪

6. Posted by chili   December 07, 2006 21:46
★ChatNoirさん
そうなんです。年越しは結局アデレード。シドニーにはインドから帰った後、行くつもりです。ウニパスタ、食べたーい!ぜひぜひお手伝いさせてください。カレーももちろん、作りますんで(笑)インドに発つ前の国内でのインド料理プチ修行、どうやら問題なく実現しそうです。お騒がせしました。
5. Posted by ChatNoir   December 07, 2006 10:34
ちりちゃんは、そろそろインドかしら?と思っていたら、あらあらあら...じらされちゃってますね。でもそれだけゆっくり準備ができるという事ではないのでしょうか?ちりちゃん結局年末はアデレードなのかしらん? シドニーにくることがあれば連絡してね。昨日お友達を呼んで、遂に!悲願のウニパスタ(BY まいきちゃんレシピ TKS!)作りましたよ〜♪初めてのトライにしてはなかなか美味しかったけど、もうちょっと完成度を高めたいと思ってるので、今度は是非お手伝いしてね。
4. Posted by chili   December 06, 2006 06:30
★チラちゃん
歯は大丈夫ー?やっぱり親知らずって大変なんだなーと恐ろしくなりましたよ。
そういやそうだね、マシュマロ溶けてなかったね。ものすごく美味しかったよー。お腹いっぱい食べないのが幸せの秘訣だと発見しました。
早くインドから更新したい!
3. Posted by チラウヂア   December 05, 2006 23:36
ましまろって焼いても溶けへんのな。
すげー。
今度やってみたいけどあのかわいいサイズのましまろがこっちにはない気がする。
いいなーいいなー。
シェルが周りにいっぱいおっていいなー。

次の更新はインドからか、とどきどきしとった。
2. Posted by chili   December 05, 2006 20:38
私を知り尽くしてる友人の読みでは、次はトルコだとか(笑)「もう一生インドで行くつもりなのに」と言ったら、「絶対それはない」と断言されました。
ちなみにこの料理、アメリカっていうか多分ハワイ風。マシュマロ+サツマイモ、これがよく合うのよ。ほんとにどれもこれも美味しすぎて、非常に満足しました。ダイエット中なので、おかわりしなかったのも、よかったみたい。
時間ができたから、予防接種でも受けとこうかなー。
1. Posted by まいき   December 05, 2006 19:34
わはは!針の穴からちょっと出てみたのね?(笑)
それにしてもこの料理にはビックリよ。
アメリカと聞いて想像するのとぜんぜん違うもの。
マシュマロのっけてるんだ?見た目がおもしろいし、意外〜〜〜
インド行きが延期になってわたしも残念。だってchiliちゃんが理想郷のように思っている本物インドでなにを思うのか、楽しみなんだも〜ん。例の彼女の予言が当たるんじゃないかな〜ってね(笑)。
アメリカかイギリスに縁があるんだっけ。なにに出合うんだろうね〜 なんか、パタッと目先が変わりそうな気もするのよね。「インド?あぁそんな時代もあったわね」なんて。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔