December 2007

December 31, 2007

OZ生活の締めくくり、シドニーで2年前の自分に会う

syday1


あっという間に大晦日。久しぶりの日本の冬はやっぱり寒い。これぞ本当の冬だよね。一方、オーストラリアは今、夏真っ盛り。2カ月前のシドニーも、既にかなりあたたかかったなー。

ということで、4年にわたるオーストラリア生活の最後を2007年の大晦日に書いて今年(&このブログ)を終わりたいと思います。かなり長いので、覚悟して下さい(笑)。

4年間の締めくくりに選んだのは、出発点のシドニー。2年も住んでいたから、とにかく思い出がぎっしり。そして多分、私が世界一好きな街。あの海に逢わないで、大好きなみんなの笑顔を見ないで、帰国するわけにはいかない。そう思って1年半ぶりにシドニーを訪れました。

再会は、空港に到着早々スタート。空港で働くかつてのクラスメイトVitaと、彼女が仕事にはいる前にちょっとだけキャッチアップ、の予定だったんだけど、なんとわざわざシフトを別の人に代わってもらって、友達の車で空港まで迎えに来てくれて大感激。2年ぶりに逢うVitaは、すっかり大人に変身していてこれまたびっくり。ま、考えてみたら、このセメスターで大学を卒業して、社会に出るわけだから、当たり前か。

Cityのパブで、しばし昔話に花を咲かす私達。と、そこにやって来たのは、次のデートのお相手Betty。彼女は超スパルタ語学学校時代のクラスメイト。大学院を卒業し、無事に永住権も取得。これからの方向性をゆっくり考えるために里帰りして、ちょうどいいタイミングでシドニーに戻ってきたばかり。これまた2年ぶりの再会。

Bettyはとにかく食べっぷりがいい。なので、いつも会えば食べ歩き。アデレードではなかなかお目にかかれない、お洒落で洗練されたインディアンがいいなーと、セントレナーズのQumin(クミン)に初挑戦。

メニューにはオーストラリアでは聞き慣れないものがいっぱい。いろいろ迷って私達がチョイスしたのは、トルシー入り(でも多分、普通のバジル)のマリネードチキン(Tulsi ke tikke)、コールグ風ラムカツレツwithナスのチャトニ(Coorgi erachi chops)、グリーンバナナのダンプリング(Kacche kele ke kofte)、そしてシドニー、いや多分オーストラリアではここだけで味わえる、ロマリ・ロティ(写真右下)。別名ハンカチーフ・ロティという、超薄焼きインディアンブレッドだ。食後のデザートは盛り合わせで。

お腹いっぱいになりすぎて、帰りのバスで無言になってしまうほど、よく食べた。Bettyとは、次はどこで何を食べるんだろうか。彼女の出身地、海南島の精進料理とかいいかもしれない。


翌日は、Cさん&チラ嬢とボンダイビーチ(写真右上)でブランチ。3人で会うのも2年ぶり。まさに「目の前が海」という最高のロケーションでいただく特大ブレックファースト(写真左下はチラ嬢が注文したベジタリアン版)ともお別れかと思うと、やっぱり寂しい。

ブランチの後はあたりをお散歩。いつでもこんな絶景が楽しめるなんて、シドニーの住人が本当に羨ましい。ここ以上に美しいビーチがこの世にはたくさんあるだろうけれど、私にとってはやっぱりシドニーが世界一なのだ(特にノースの小さなビーチはお気に入りがたくさん)。

その夜は波乱のOZライフ初期からの戦友ともいえるMちゃんとディナー。彼女とは4年前、シドニーのシェアハウスで出会った。同じ家に住んだのは本当に短い期間だったのだけど、同い年で誕生日が近いうえに、趣味も似ている彼女は、最初から他人のような気がしなかった。しばしのお別れディナーはMちゃんのおすすめ、クージービーチのモダンオーストラリアン、「Sands on Coogee bistro」。フレンチの修行をした日本人シェフの店で、さりげなく和風テイストを取り入れているところが嬉しい。料理の繊細さもやっぱり日本人ならでは。このお店、もっと早く知りたかったなー。もちろん、デザートまでしっかりいただきました。

新婚のMちゃん、帰りは旦那様が迎えに来て下さった。素敵なパートナーに巡り会ったMちゃんは、とっても幸せそうだった。私もあやかりたいな(笑)

Mちゃん夫婦と入れ違いにやってきたのは、元シェアメイトのギャリー。Mちゃんと出会ったシェアハウスの住人だった。ギャリーとは2年近く一緒に住んでいたので、もはや兄弟のような仲。一見、単なるゴルフ狂のOZ(笑-ごめん)、だけど本当は天才編集者(!?)の彼には、アサイメントで毎回お世話になった。お金持ちになってほしい!と願い込めて、金運を呼ぶクリスタルをプレゼント。帰り際、運転席の前に、大切そうにそーっとその石を置く彼(かなりの巨体です)の姿を目撃。思わずじーんときてしまった。

ヤバい、だんだん感傷モードになってる?!

翌日はシドニー最終日、つまり日本への帰国日。唯一の日本人クラスメイトだったNちゃんと懐かしい店でランチ。ひと回り以上年が違うNちゃん。でも、本当にしっかりしていて、年の差を感じたことはあまりない。働きながら大学に通うがんばり屋さんだ。おまけにセクシーな美人。どうしてだか私の友達は美人揃いだ。

学校の近所にある、ジャージャー麺で有名な中華料理屋へ向かう。ジャージャー麺を一皿ずつ、そして小龍包まで注文したのだけど、あまりに大量すぎてさすがの私も食べきれなかった。でも、苦労を共にした思い出の味を最後にまた食べる事ができて、思い残す事はない。

その後、マーケットシティでお茶して、授業に向かうNちゃんを見送りがてら、学校の方向へ。図書館の前の交差点で別れる。何気なく空を見上げた時、私はその場から動けなくなってしまった。続きを読む

tiaradrop at 23:59|PermalinkComments(13)TrackBack(0)clip!Sydney | Friend