November 2007

November 09, 2007

インド人に生魚〜ミッション in Melbourne〜

nobu1

皆様、Happy Diwali!
ということで、今日はやっぱりインドがらみネタでいきたいと思いますよ。

アデレードを発ち、向かった先はメルボルン。この街での目的は2つ。シドニー時代からの友人で、出身地が近いだけでなく誕生日が一緒という、なんだか他人とは思えないRちゃんに会うこと、そしてもう一つは、メルボルン在住のインド出身の友人Hに日本食を味わってもらうこと。

日本食に興味はあるのだけど、ガイドなしで試してみる勇気はないというH。前回、よく行くショッピングセンターに寿司屋があるから食べてみようと連れて行かれるも、チャイニーズ系の回転寿司だったので即却下。ということで、今回は私が店を選ばせていただきました。

アデレードで知りあったインド出身の友人達は、ホスピタリティ専攻の子も多かったせいか、各国の料理に興味がある上に、ほぼ全員寿司と刺身が大好き!だし、お箸もちゃんと使えるので、最初インドのことをよく知らなかった私は、それが平均的なインド人だと勘違いしていた時期もあった。ヒンドゥー教徒なのに平気で牛肉を食べる子までいたし。

一方、食べ物に関しては保守的(でも好奇心はあり)であるHにとって、冷たい食べ物自体が不思議な存在。お蕎麦の話をした時には、冷たいヌードル?と驚かれた。お寿司も刺身もまぎれもなく冷たい食べ物なので、実際に食べてみてアウトということも十分あり得る。純粋な日本料理屋さんだと彼は楽しめないかもしれない。悩んだ末、頭に浮かんだのが「NOBU MELBOURNE」。世界にその名を知られる日本人シェフ、ノブこと松久信幸氏のレストラン。日本では虎ノ門にあるようだけど、オーストラリア初進出となるそのノブがメルボルンにオープンしたのは今年8月。サイトをのぞいてみると、日本料理だけでなく、ペルー料理などもメニューにある。ってことは、寿司がダメならそこに逃げられるなと、予約の状況を確認するために電話してみる。と、その時点(2週間前)で既に1テーブルしか残ってないと言われ、思いきって予約してしまった。

予算内に収まるよう自前にメニューまで決めて臨んだ「ノブ・メルボルン」。が、なんと到着した時には「テーブルがありません」と言われて大あせり。

続きを読む

tiaradrop at 03:03|PermalinkTrackBack(0)clip!Foodie | Melbourne

November 06, 2007

最後の春、ジャカランダに見送られて

ジャカランダ

帰国してちょうど1週間が経ちました。オーストラリアでの最後の4日間は、この4年間を締めくくるにふさわしい心に残る時間となりました。アデレードを離れて、訪れたのはメルボルンとシドニー。何回かにわけて、大切にしたい最後の日々の思い出を綴りたいと思います。


アデレードを発つ当日、クラスメイトでシェアメイトのJessからもらった手作りのペンダントトップ。
「ジャカランダをモチーフにしたの。オーストラリアらしいでしょ」。
オーストラリアの春を告げるジャカランダの紫の花は、私にとって特別な花。4年前、この紫の花に迎えられてオーストラリア生活はスタートしたのだ。

Jessの彼、Jasonの運転で空港まで向かう。
毎日のように通ったセントラル・マーケットの横を通りすぎながら、「マーケットにさよならは言った?」とJasonが冗談っぽく言う。
目に入ってくる風景を心に焼きつけるようと外を見ていると、教会のジャカランダの木にぽつぽつと咲く紫の花を発見。アデレードの最後にこの花を見れて幸せだなーと感じる。

メルボルンではcityに滞在したのでジャカランダを見る機会はなかったけれど、アデレードで咲き始めだった花は、シドニーでは見頃を迎えていた。オックスフォードストリートや周辺の路地を歩きながら、夢中になって写真を撮る。ちょうどペンダントトップに合わせていぶし銀のチェーンを買ったばかりだったので、ペンダントの写真もパチリ(写真左ーそそっかしいことに、これは裏側)。花曇りともいえるあいにくの天気だったけれど、見事な咲きっぷりのジャカランダに見送られるなんて感激。

そういえば今年はこれが2度目のジャカランダだった。最初はインドで(こちらを参照)。ジャカランダは愛する2つの国の愛すべき共通点と言えるかもしれない。今度はいつ逢えるかなー。愛しの紫の君に。

ジャカランダ2


★お知らせ
日本版新ブログはじめました。
chitrini*japan〜チトリーニ*ジャパン〜

tiaradrop at 15:44|PermalinkComments(6)TrackBack(0)clip!Nature&Animal | love