May 2007

May 29, 2007

スーパーに売ってる"ピン子ジャパニーズ"

pinko


正確に言うとスーパーではないのですが。

ノースアデレードのメルボルンストリートで夕食を食べて、バスを待っている間にのぞいた食料品店。その名も『The Store』。カフェに併設されていて夜10時くらいまでやっている。地元産をメインにこだわりの食材が置いてあるので見ているだけでも楽しい。

ちょうど塩がきれかけてたので探していると(もちろんMurray River Saltを購入)、不思議な文字列が目に入ってきた。
"Pinko Japanese"。

"ピンコジャパニーズ???"
一瞬何?と思ってよく見てみると、Bread crumbsと書いてあり、要はパン粉らしい。pankoとpinko、似てるけれど、違うんだけど(笑)

量り売り石けんの店『Lush』の"Noriko"という石けんがいいらしいという話を聞いたばかりだったので、意外なところで日本人の名前が使われているのかと思ったけれど、Pinkoはどう考えても一般的な名前とは言えない。それともJavaneseあたりを私がJapaneseと読み違えたのかもと最初は考えた。

どうやらここのオリジナル商品らしいので、今度聞いてみよう。何でPankoじゃなくて、Pinkoなのか。

ところで、私の日本語もこの頃少しおかしいようだ。

昨日のお昼、突然うどんが食べたくなって日本食の店に駆け込んだ時、「うどん下さい。かにかまぼこなしで」と頼むと、厨房には「かにかま抜きね」と言い直され、確かにその方が自然だと思った。いや、間違いではないかもしれないけれど、"かにかま"と"抜き"という言葉はとっさに出てこなかった。

まあ、"かにかま"は私の人生に関わりがないものなので、仕方ないのだけど。




tiaradrop at 14:19|PermalinkTrackBack(0)clip!Adelaide | 日々ふつふつ

May 19, 2007

普通に美味しいって結構シアワセ

persimmon


このところ、逃げるに逃げられず、部屋にずっと籠っていました。論文の〆切りはだんだん迫ってくるし、仕事も一人孤独にパソコンと向き合うスタイル。と言っても仕事では一応チームを組んでいて、それもリーダーなるものをやってるのだけど(但しメンバーと実際に顔合わせたことはなし)、ここに来て思わぬ、いや前から危惧していた問題が明るみに。なんだかそれで必要以上に気力・体力を消耗してしまい、加えてプライベートで少々あったもんだから、スケジュールが狂いっぱなし。

ここはなるべくストレスの種になりそうなことを避けるのが賢明とようやく悟ったこの頃です。どうも自分から火の中に飛び込むクセがあるので(笑)

一段落した昨日、久しぶりにcityでディナー。場所はこれまでにも紹介したことのあるModern Japanse Kenji。半年ぶりかな。今回、1年前くらいに知り合いのバースデーパーティで出会った日本人のYちゃんを誘ってみました。アデレードには日本人の数が少なく、それもすぐに帰っちゃったり、移動しちゃう人ばかりで、生(?)で喋る日本語にはかなり飢えてます(笑)

Yちゃんは、この乾燥&紫外線大陸オーストラリアで雪のように白く美しい肌をキープしている素晴らしいお方。量り売り石けんのLushとDHCの化粧水がその秘訣だそう。Lush、残念なことにアデレードにはないんだよね。今、日本でお店が増えてんだってね。知らなかった。

ちなみに彼女はとんでもなく美人です。英語の発音も美しく、おまけに努力家。

話は尽きることなく、で、もちろん食べる方にも一生懸命。メインは和牛のステーキを注文したのだけど、ランプ肉なのにびっくりするほど柔らかで、とってもジュージーなのにびっくり。そしてKenjiといえば忘れちゃいけないのがデザート。あずき+抹茶アイスは定番なんだけど、今回は上に柿のコンポートが乗っかってました(あずきは下に隠れてます)。見た目&味ともに満足できるデザートはアデレードでは貴重。普通に美味しいってのはかなりシアワセなんですよ。今回、料理の写真は撮らないつもりでいたのだけど、我慢できずにパチリ。アイスがちょっと溶けちゃってるね....。

このところ、生活の中の一番の刺激は、論文のSupervisorとのやりとり。会うのは週一、それも30〜40分くらいだけど、彼女は言ってみれば、その気にさせるのがうまい、素晴らしい編集者。その直後はすごいやる気になるんだけどねぇ。

どこか不完全燃焼な日々。ストレスなのか、インドから帰ってきて環境の変化のせいなのか、めったに出ない肌のトラブルも。そろそろアデレードに飽きてきたのか!?といっても、まだほとんどどこも回ってなくて、シドニー時代から楽しみにしていたオーストラリア一美しいオイスターの産地Smoky Bayにも行ってないのに。

ああ、ちょっと生活に変化をつけないと。昨日のようなひとときも、たまには必要。
実は最近、外食すると胸焼けみたいに後味悪い感じが続いてたんだけど、昨日は久しぶりに爽やかでハッピーな気分を保てました。どうもこの頃、外食のインド料理が苦手です(笑)

tiaradrop at 18:56|PermalinkComments(4)TrackBack(0)clip!Life 

May 03, 2007

見事に検疫にひっかかってました!インドからの荷物

box

ずーっと待ってたんですよ。1ヵ月以上かかってやっと届きました。ボロボロの状態で。

インドであまりに買い物をしすぎたもので、とてもスーツケースに入りきらず、ごく軽い気持ちで郵送することにしたんです。EMSで。

インドでお世話になった人へのお礼として日本の物を送ってもらった時は、5日くらいで届いてあまりの速さにびっくり!、したので逆も問題ないと思ってたんです。

帰国時に日本の実家とオーストラリアの寮宛にそれぞれ1箱づつ荷物を送りました。正確に言えば、郵便局の職員はマラティ語しか話せないということで、会社の人が手続きしてくれたんですけどね。10日経ってもどちらにも届かないので、リファレンス番号を聞いて、追跡しようと思ったんですけれど、インドでは日本やオーストラリアのように簡単にはいかないとの返事が来て、ひたすら待ちました。

日本へは結局、2週間後に無事に到着。で、来週にはオーストラリアにも届くだろうとインド側から返事が。でも、待てど暮らせどやって来ない。

ココナッツ削り器の刃が危険物扱いになってるのかなーとかいろいろ考えてたんですけどね。全く意外なものが検疫でひっかかってました。

今週、ついに届いた荷物。箱の上には「検疫関係の書類が入ってるので今すぐ開けろ!」とシールが貼ってありました。でも、開けてみてもそんな書類見当たらないので、気にせずインドでの思い出にしばし浸ってました。が、どうも何かが足りない。あ、そういえば、トルシー入りチャイの箱(2箱)がない!

箱の一番下に、補強用に厚紙を敷いていたのですが、なんとその下から書類が出てきました。それによれば、このチャイはオーストラリアに害虫や疫病をまき散らす原因になる可能性があるというではありませんか!肝心の品名にはトルシーでなく、クローブ入りティーバッグ×2とあります。それも箱にはクローブなんて表記はないのに(いや確かにクローブも入ってるんですけどね)。

書類によれば、返してほしければ43ドル払えと。ちなみに1箱84ルピー(230円弱)でした。それも、ただすんなり返してもらえるわけでなく、熱処理(!)を施すので、どんな状態になるか保証できない(笑)ということで、あっさりと諦めました。

トルシーチャイは全部で4箱買って、そのうち2箱は手荷物で持って帰り、空港で申告したんですが、何にも言われませんでした。でも、書類に同封されてた検疫関係のパンフレットによれば、種や果物の皮などが入ったお茶はダメだとあります。あとドライハーブもダメだそう。

荷造りしてる時、チャイ4箱全部郵送しようかと一瞬考えたのですが、半分にしといて良かった。このチャイ、本当にオススメなんですよ。アパートでもしょっちゅう作って、他の日本人スタッフに宣伝しまくって、みんな山のように買って帰りましたから。

どんなチャイか気になる方はどうぞこちらへ↓
http://blog.livedoor.jp/chili_pune/archives/53994944.html


tiaradrop at 17:21|PermalinkComments(5)TrackBack(0)clip!India