June 2006

June 29, 2006

コアラのいるキャンパスと塩味ワイン

waite

今週から新コース「Food & Wine Techonology」がはじまり、
コース内容の関係上、
キャンパスはcityにあるNorth Terrace Campusから、
丘というか山の中腹にあるThe Waite Campusに。

通学時間も片道1時間から2時間にup。
でも、週に1日もしくは2日のクラスだから許容範囲です。

「とにかくなーんにもない場所だから」
と、さんざん聞かされていたけれど、
私は緑いっぱいのこのキャンパス、かなり好きかも。
なんといっても、海が見える!ってのはポイント高いです。
キャンパス内はユーカリの木がいっぱいで
噂によると、野生のコアラがいるそう。
わざわざ動物園に見に行くほどのコアラ好きではないのだけど、
野生となれば話は別。
木の上の方で寝てるんじゃないかと、
休み時間中に眼を凝らしながらあたりをぐるぐる散歩したけど、
今のところまだ逢えていません。

ワイン関係の学部(醸造学、マーケティング)もあるせいか、
キャンパス内に葡萄畑も見つけました(写真左中央-小さすぎてわかりませんが)。

今日の午後の授業はSensory Evaluationといって、
食品の官能評価について。
テイスティングをはじめる前に行われた講義で、
日本人としてちょっぴり誇らしい話を小耳に。
以前はSweet(甘味)、Sour(酸味)、Salt(塩味)、Bitter(苦味)の4つが
味覚の基本だったけれど、
脂身味、そして日本で発見された旨味が加えられ
現在は6基本味となっているとのこと。
それもUmamiという日本語をそのまま使用。

でも、実際のテイスティングは、4基本味で展開。
ま、ワイン・テイスティングの導入みたいな感じなので無理もないか。
いや、でも、塩味のワインってのは一般的じゃないけどなーと思っていたら、
登場してしまった塩味ワイン。
他にも不自然に味付けされたワインが勢揃い。
しまいには、ボディに影響を与えるとして、
ミルクまがいのものまで現れた(写真右手前)。
味わいの細かい表現や、比較をするために、
何度も口に含まなければならず、
だんだん罰ゲームをやらされてる気分に(笑)

テイスティングというのは、
まさに身体をはった仕事なんだと知った今日この頃。
次週は肉についての授業なんだけど、ちょっぴり不安だなー。





tiaradrop at 23:00|PermalinkComments(8)TrackBack(0)clip!School 

June 27, 2006

祝★インターネット戦争終結

adsl

振り返れば長い長い闘いでした。

シェア生活で一番困っていたのは
シドニーでもアデレードでもインターネットのこと。

シドニーではそれが原因で家を出る事にまでなり、
アデレードでは月に200ドル近くもインターネット代がかかってびっくり。
それも大して使っているわけでもないし、また質的にも最悪で救いようがない感じ。
こうなったら部屋に電話をひいて、個人でADSLを契約するしかないと決心したのは2週間前。

そっからがまた長かった。
まず、テレストラから最初に請求されたコネクション代が300ドル近く。
この寮には全部屋にアクティブのラインがあるはずだし、
技術者の人に自前に2回も確認して、
ラインを新しく作る必要はないと言われていたのに。
それに、他の部屋の子達はそんなにかかってないのに、どうして私の部屋だけ?
だいたいこの部屋は私が決めたわけじゃない。
どう考えても納得がいかず、
寮のマネージャーに相談したり、テレストラにも何度も電話して交渉したり、
そうこうしてるうちに、結局59ドルにおさまって逆にびっくり。
最初の値段は何だったの!?

で、次の問題が電話。
台湾の子と電話とインターネットをシェアすることになっていて、
彼女のお父様が台湾から送ってきた電話を使おうということになったのだけど、
電圧の関係でオーストラリアではうまく作動せず。
仕方なく、子機が2台もついてる200ドル近い新品を購入。

で、さらには先週水曜日にシドニーから送り出したはずのモデムが
何日経っても届かない。
結局手元に届いたのは6日目の今日。
同じ国内で約1週間。国際郵便並みな国内郵便事情に改めてびっくり。

そんなこんなで本当に長かったADSL開通までの日々。
モデムのセッティングはあっけないほど簡単で、
一瞬にしてつながってしまった。

それにしても快適。サクサクと速いし、切れたりもなし、ダウンロードの制限を気にする必要もない。
日本では普通のことだけど、こっちでは本当にありがたーいことなのです。

ということで、写真にとるほどのものでもないけれど、一応モデムと電話を記念撮影。
後ろに写ってるのは庭に落ちていた巨大松ぼっくり(だと思う)です。

とにかく、これからは心置きなくインターネットできると思うと、
ほんとに感無量って感じ!?(大げさ)
いろいろ便宜をはかってくれたSさんには深く感謝してます!

セッティングが終わって一息ついたところに、夕食のお誘いがきました。
今日のメニューは続きを読む

tiaradrop at 23:31|PermalinkTrackBack(0)clip!Life 

June 26, 2006

cityから1時間弱のワイン天国

MC

オーストラリアで生活してるのに、しつこくインドネタを貫いていますが、
たまには気分を変えて、アデレードならではの週末スタイルをご紹介しましょう。

ホリディ最後の日曜日、キャンディ、
それからアデレード大でワイン・マーケティングを学んでいる日本人のMさんと共に、
アレデード近郊のワイン・エリアの一つ、McLaren Valeに行ってきました。
cityから車でわずか1時間弱で、見渡す限りに広がるワイン畑。
このお手軽さはシドニーにはなかったなー。

あまりに早く着きすぎて、
テイスティングをしようにも目的のワイナリーはまだ閉まっていて、
しばし冬のワイン畑を観察。
枝を短く刈り込んである畑と、伸び放題になっている畑、
この違いはなんなの?とMちゃんに聞いてみると、
ワインの品種やそれから畑の環境等によって、手入れ方法が違うということだそう。
それにしても、キレイに並んだ葡萄の木々は冬でも絵になります。

外はあまりに寒いので、ビジターセンターで紹介された、
美味しい郷土料理が味わえるレストランへ早めに向かってみることに。
続きを読む

tiaradrop at 23:22|PermalinkTrackBack(0)clip!Adelaide 

June 23, 2006

オーストラリアはインドの入り口!?

india

10年くらい前だったと思う。
インドに旅行に行く事になった友人は旅行前に何かとトラブルに巻き込まれ、
旅行をキャンセルするべきか悩んでいた。
「インドって、招待されないと行けないって言うじゃない?
せっかく招待されたんだから、行かないって手はないよー」
と、そこで無責任に背中を押した私。
そういう私自身は、チャイが大好き!って程度で、インドに特別な興味はなかった。

彼女の人生はその旅で大きく変わった。あれはやっぱり運命の旅だった気がする。

1ヶ月くらい前、インド在住のとある方から
「そんなにインドに惹かれるならば、
そのうち招待があるでしょう」。
さらに、旅先で人生が変わった友人からつい最近、
「あの時、chiliがああ言ってくれたから、私行けたんだよ!」と改めて。

で、今日のタイトルはまいきちゃんのお言葉。
なぜなら、突然インドからお誘いがかかったかに見える人が(それも病み上がりに!?)
他にも約1名in Sydney。
ちなみにまいきちゃんは、私が前世、サリーを着ていたのが見えるらしい
(笑-現世ではまだトライしたことがないけれど)

確かに、オーストラリアの食(材)の都アデレードで、
ワイン三昧するはずが、
着いて3日目のお昼には、
辛さで眼に涙をにじませながら寮で歓迎インディアン・カレーを食べ、
その後それが主食(?)になるとは全く想像もしていなかった展開。
(ちなみに最初の1品は牛スジカレー。作ってくれた子はクリスチャンだったもので)

それにしても、今年に入ってからの一連のインドな出来事が、
かの国からの招待状ならば、
相当大がかりだと思うんですけど(笑)
一体、何が目的!?
行ったらどうなっちゃうの!?

10月の半ばからスタートする論文執筆、
それをどうにかインド絡みなテーマにして、一度飛びたいなーともくろんでいる私。
(と、ここに書いたら、なんだか実現しそうな気がするので)

そんなわけで、インドの空はどんな色だろうと、
思いを馳せながらセントラル・マーケット近くにある
インディアン・ショップをパチリ
(こうして見ると、アデレードの空の色、シドニーに負けないくらい青いなー)。


ちなみに昨日の夕食は
インド人もびっくりする超スパイシーなダルとエッグカレーbyインド系マレーシア人のアムリッシュ。
彼はインドの子達も驚くほどの激辛派です。
で、デザートはグラーブ・ジャームン。

今日はお昼にクラスメイトのキャンディが遊びに来たので、
渡辺先生がdancyuで紹介されていたココナッツなチキンカレーとトマト・チャトニでおもてなし。
デザートはスージ・ハルワで。
イタリア人のガードは、チャトニに興味を示し(見た目はイタリアンと言えなくもないもんね)、
パンに塗って楽しんでいました。
で、余ったカレーやチャトニはたった今、
シンガポール出身のchin chinが全部たいらげたと本人から報告がありました(笑)。
みんな喜んでくれて私もとってもHappy。

やっぱりここは、インドの入り口?だよね!?

tiaradrop at 23:37|PermalinkTrackBack(0)clip!India 

June 18, 2006

カレーなホリディ

currybook

20日間もご無沙汰しておりました。コースの締めのエッセイと、アデレードに来てもやはりインターネット環境に問題ありで、upできる状況とはほど遠い日々が続いていました。エッセイはなんとか書き上げたし、インターネットの件も今週中には解決........するといいなー。

エッセイを書き上げた翌日、まるでごほうびのようなタイミングで日本から本がどっさり届きました。
しかし、ぜーんぶ料理がらみってのは、自分でも笑えます。それも6冊中4冊はインドだし。

まず、dancyu7月号「カレー命」特集号。それも、「注目の"南インド式"に無我夢中!」だそうです(笑)
カレー伝道師の渡辺玲先生によるチェンナイ・レポートからスタートするという
刺激的な内容にクラクラすること間違いなし。
今はその空の下にいる人に想いを馳せました。


そして、インド料理好きのバイブルといっていい、
渡辺玲先生の著作2冊、「カレーな薬膳」と「ごちそうはバナナの葉の上に」。
「ごちそうは.....」は既に絶版になっているようで、古本サイトでゲットしました。

さらに先日紹介したTime-Life社の「The Cooking of India」の日本版。
これも古本サイトで。

そして、NHKの「知るを楽しむ」のテキスト2冊(録画DVDも一緒に)、
「パトリス・ジュリアンの"精進料理"を学ぼう」と、「辰巳芳子いのちのスープ」。

それにしても日本の古本って本当にきれい。新品同様で本当に感激です。
「The Cooking of India」に関しては、
海外の古本サイトでは付属のレシピブックはついてないものばかりだったのに、
日本版にはもちろん、ちゃーんとセットされていました。
とても30年以上前に出版されたものとは思えない。
大切にしないと。

久しぶりに日本語の本を読んで、DVDを見て、
日本語って本当に、水のように、いや、なめらかなスープ(辰巳先生の影響大)のように
するするーっと入ってくるから不思議。って日本人だから当たり前なんだけど。
快感といってもいいかもしれない。

この頃、日本の食についても気になります
やっぱり、そこに自分の原点があるんだろうし。
PJさんと辰巳先生の番組を見ていて、もっともっと知りたいし、
大切にしていきたいと思いました。

でも......、
アサイメントから解放され、ホリディに入った今、
頭の中は、「やっぱりインド料理でしょ!」。
この休み中にできるだけたくさん作りたいと張り切っています。
で、最初に作ってみたのが、
続きを読む

tiaradrop at 22:55|PermalinkComments(6)TrackBack(1)clip!India