November 2005

November 29, 2005

あー美味しかった!@Tokyo-前編-

soraniwa


気がつけば、またしてもご無沙汰しておりました。もう毎日食べるのに忙しくって。。。
それにしても、美味しゅうございました。心から食いしん坊な仲間達に感謝です。
もうちょっと早くupする予定だったのだけど、消化するのに時間がかかっちゃった(笑)。

23日から4泊5日で東京へ。5年ぶりくらいかな。
一応、メインの上京理由は非常に真面目なものだったのですが、
それにかこつけて毎日食べ歩いておりました。

東京で生活していたのはもう10年以上も昔のこと。
その後何度も訪れているけれど、
今回の上京は一番充実した滞在だった気がするなー。
昔は新しいモノとの出逢いを求めてせわしくなく動き回ってたけど、
今回は逢いたかったヒト達とゆっくり美味しい時間を過ごせて本当にHappyでした。

まずは、シドニーでも激しく食べ歩いた相棒のまいきちゃんとの再会。
ハグして一瞬だけ”お久しぶり”感に浸ったけど、
なんだか本当にいつもの感じですたすたとカフェに向かって、くつろぎモード。
違うのはデザートの大きさくらい?(笑-シドニーに比べて東京のケーキの小ぶりなこと!)
なんだかシドニーで逢ってるような気分になっちゃったから不思議。

その後、ファンキービジネスぶりがとっても素敵で、
前からお会いしたいと思っていた、ブログ「ぞうさんペーパー日記」の植田さん、
そして留学生活の大先輩、日本が大好き!というジャミルさん(fromバングラディシュ)に、
植田さんの友人Kさんという面白いメンバーが恵比寿に集合し、
まいきちゃんおすすめの豆腐料理の店空の庭へ。

日本的でヘルシーで美味しくってことで
きっとこのお店を選んでくれたんだと思うんだけど
メニュー見てるとあれもこれも食べたくなっちゃって、
本当にあれもこれも注文しちゃいました(笑)
どれも美味しかったけど、一番気に入ったのが「豆乳クリームコロッケ」かな。
練り込み黒豆が入ってて、コクがあるトロリ加減が最高。
デザートはみんなでいろいろ試そうってことで、
私は豆腐のアイスにしたけど、
次回は(いつ?)まいきちゃんが頼んだ「とろ湯葉マンゴープリン」にしたいな。

実は植田さんもシドニー留学経験があり、ローカルな話題で盛り上がったのだけど、
当時から大いにビジネスセンスを発揮されていたという事実を知り、
のほほんとシドニー生活を送っていたまいきちゃんと私はびっくり。
大いに刺激を受けたのでした。
いつかシドニーブロジェクト、成功させましょう!
その前に、築地で二度目のオフ会ってのもいいかも。

そして翌日は銀座で優雅な昼下がりデート。御覧下さい!この美しいお料理達。
お相手は、ブログを通じて知り合い、ずーっとお逢いしたいと思っていた憧れの"あの方"です。
kihachi
続きを読む

tiaradrop at 17:16|PermalinkComments(9)TrackBack(1)clip!Friend 

November 19, 2005

山口のスーパーモデル"こどくちゃん"

kodoku


リカルドとミアンとの朝食デートの後、実は悲しい事実が発覚。
今までこのブログを支えてきてくれたデジカメに突然異変が。
何かの拍子にバッグの中で電源が入ってしまったようで、
気が付いた時にはレンズが出たままの状態になっていて、
恐らくそこに何かの衝撃が加わったらしく
レンズエラーを起こしてしまって動かなくなってしまったのです。
幸い、写真のデータは無事だったのだけど、かなりのショック。
すぐに入院(修理)させることに。
1ケ月くらいかかると言われ、途方にくれる私。
その時はじめて、カメラって私にとってかなり大きな存在だったことに改めて気が付く(って大げさ?)。
東京に行ったらまいきちゃんと撮影合戦するのに一体どうしたら.....。
遂に、前から狙っていた小さめ(私にとって)デジカメIXYを買うことに。700にしました。

ということで、今日はIXYデビューの日です♪
モデルは、山口のアイドル(?)、こどくちゃんでーす。続きを読む

tiaradrop at 01:40|PermalinkComments(6)TrackBack(0)clip!love 

November 17, 2005

日本とイギリスの共通性についてイタリア男は語った

consontuu


真夜中に仕事しているもので(って毎日じゃないけど)、朝8時半に集合とはかなりハード。
でも、この日はベトナムからはるばるやってきたお客様と朝ご飯食べながら
お話しましょ!ということだったので頑張って早起き。

先日、随分前に紹介した友人の店アケミ屋で扱っている
イタリアジアンなブランド、ビアンコ・レヴリンのデザイナー、
リカルドとミアンの仲良し夫妻が初来日。
リカルドはイタリアのミラノ出身。仕事でベトナムに来てミアンに出逢い、結婚。
2人の美に対する情熱から生まれたビアンコ・レヴリンは
独特なシルク・ヴェルヴェット使いでヨーロッパやアメリカでも注目を集め、
これからは本格的に日本でも展開していきたい!ということで
お手伝いをすることになった「アケミ屋」なのです。

なんと、リカルドの"曾々おじいちゃん"は日本人女性と結婚してたらしく
彼は大の親日家でもあります。

ビアンコ・レヴリンについてはまた別の機会に詳しく紹介する予定。

今回、彼らがベトナムから持って来た元気が出るお土産が写真のお酒。
アケミ屋の主人アケミのパパにプレゼントされたのだけど、
なにやら曰くあり気なお酒らしい。
「アケミの妹か弟が近々生まれるかも!?」
帰りがけ、車に乗り込む時にニヤニヤしながら意味ありげな言葉を吐いて
去っていったリカルド。
現在、このお酒については調査中です(笑)
ちなみに、お酒の後に写っているバッグはリカリドの作品です。
アケミ屋に出逢って以来、和テイストも増えてきてます。

日本での印象についていろいろと聞いてみたのだけど、
「冗談だよ」と言いながら、彼が何度も繰り返していたのが
「日本とイギリスがあまりにも似ているのに驚いた」ということ。続きを読む

tiaradrop at 02:12|PermalinkComments(6)TrackBack(0)clip!

November 12, 2005

ジャカランダと"かずのこ明太子"

aus


実はもう10日前に、帰国してました。
「国内旅行でもしてたの?」と言われるくらい、ご無沙汰しておりました。
戻ってきた日の真夜中からさっそく仕事、その後も日々慌ただしく、おまけに風邪までもらってしまい、、、でも毎日元気に食べてますのでご安心を。

なんだかシドニーの青空が懐かしい気分です。




続きを読む